エコ!FAXをペーパーレス化する方法いろいろ

メールのおかげで、余計な紙がかなり減ったのではないでしょうか。紙を無くすには、ファックスをペーパーレスにしたいところ。
紙やインクの節約だけでなく、節電やCO2の削減にも繋がります。
4つの方法を紹介します。

モニターで確認できるFAX機を使う
「見てから印刷」「見てからプリント」などの機能がついているファクス機があります。シャープには手書きファクス機能がついている機種もあり、届いた内容を印刷せずに書き加えてそのまま返信することもできるんです。
ただ、完全ペーパーレスを目指したものではありません。必要ないものは印刷しないで済むようにというコンセプトなので、小さい液晶モニターで全部を確認するのはしんどいです。
SDカードにデータを転送できる機種なら、データをパソコンで見れば完全データレスも可能。
カードの抜き差しやファイルを開いたりがめんどうで無ければいいかも。

受信ファクスをパソコンに保存する
FAX機の中には、受信データをパソコンに保存できるものがあります。例えば、EPSONのPC-FAX受信機能では、設定すればパソコンの指定フォルダー内にPDFとして保存されます。パソコンが起動していないときは、本体のメモリー内に保存されます。
専用にパソコンが用意できる場合は、この方法もありかもしれません。

FAXソフトを使う
そもそも直接パソコンで送受信する方法。
特別にソフトをインストールしなくても、実はPCの標準機能でもファクスできます。「まいと~く」や「STARFAX」などの専用ソフトを使うと便利な機能がいろいろ使えます。
最近のPCにはモデムが付いていないため、電話線が繋げられませんよね。FAXモデムを別途購入する必要があります。
専用のパソコンが必要になるのは、FAX機をPCに接続したときと同じです。

インターネットFAXを使う
この方法が本命です。電話回線も必要ないので、紙だけじゃなくて通信料も節約できます。FAX機本体も要りません。
メールでファックスを送受信できるので、PCはもちろん、スマホや携帯でもOK。
出先で使えるので時間の節約にもなります。

詳しくは→パソコンでFAXを送受信!30日無料の方法

カテゴリー: 節約する生活   パーマリンク

コメントは受け付けていません。