暖房器具を使いながらも上手に節約

寒い冬場はどうしても暖房器具が欠かせません。ですがその分、暖房にかかる光熱費が高くなってしまいます。暖かく過ごしながら、節約できる方法がないかを考えてみましょう。

まず、一番多く電気を使ってしまうのは、家族全員が別々の部屋で暖房を使用している時間です。

例えば、家族4人がそれぞれの部屋でエアコンを使用すると、1部屋のみで使うのに対し4倍もの電気料がかかっている事になります。必要最小限の部屋のみでエアコンをかけ、家族みんながその部屋に集まるようなスタイルが望ましいでしょう。
また、使う暖房器具の特性を知り、必要に応じて適切に使い分ける事もポイントです。
部屋全体を効率よく暖めたいのであれば、石油やガスヒーターを。体を直接的に温めたいのであれば電気ストーブ等が効率的です。

その他にも湯たんぽは電気を使わなくても良いので、電気代を大きく節約する事ができます。タオルに包んで膝の上に乗せたり、足を置いたりするだけでポカポカと暖かくなりますし、膝掛と合わせて使うとより効果的です。低温やけどには注意してください。
ご家庭に合わせて上手に節約してみましょう。

カテゴリー: 節約する生活   パーマリンク

コメントは受け付けていません。