素人が盗聴器があるか調べることはできますか?

テレビドラマなどでよく見る盗聴器。最近は見ただけではまったく分からないものが多くなっています。
コンセント型のものは有名ですが、壁のコンセントの中に埋め込むものまであり、正直素人が見つけるのは難しいでしょう。

調査会社の人は、相談者の状況から仕掛けられているであろうおおよその場所を絞り込みます。
そして部屋の中を調べるのですが、市販の盗聴器に使われる電波の周波数はおおよそ決まっています。
そのため、その周波数の電波がキャッチできれば、盗聴器の発見はすぐとのこと。

コンセントや電気器機に盗聴器が仕掛けられるのは、電源確保のためです。電池式と違って、永久に作動することになります。
電話の盗聴の場合は回線の接続器機の中に仕掛けられます。しかも、部屋の外の保安器に設置されることも。部屋へ侵入されていなくても盗聴されている可能性があるということです。

素人がまぐれで発見することもあるでしょう。でも、素人が「この部屋には盗聴器はもう無い」と言い切るのは不可能と言えます。
たまたまひとつ見つけたとしても、まだ他にあるかもしれないのです。

心配な方は、専門の業者に依頼することをおすすめします。

カテゴリー: 犯罪などの対策   パーマリンク

コメントは受け付けていません。