外張り断熱と結露の関係

木造住宅の外張り断熱によって期待できる効果として、結露の防止があります。
結露は住宅の寿命を縮める原因として恐るべき現象の一つです。

飽和水蒸気量を超えることによって結露が発生しますが、これによって住宅はどんどん衰えていきます。
住宅が衰えてしまうと柱や土台も腐っていくため、耐震性を中心とした建物の強度も下がってしまいます。
また結露の中でも表面結露(窓の曇りや水滴)はダニやカビが発生する原因にもなります。

このように住宅にとって恐ろしい存在である結露ですが、断熱材にはこれを防ぐ効果があります。
外張り断熱には住宅の気密性と防湿性を上げる効果が期待できます。
これにより水蒸気を壁の中に入るのを防止できるため、建物を結露から守ることができるのです。

外張り断熱工法に似た方法として、「充てん断熱工法」があります。
こちらは柱の間に断熱材をはめ込んでいくという工法です。
ふたつの工法を併用することによってさらなる断熱性能が期待できます。

カテゴリー: 環境エネルギー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。