洋上風力発電ならではのメリットとは?

洋上風力発電とは、海洋上で行われる風力発電のことです。
オフショア風力発電(Offshore wind power)とも呼ばれます。
現在ヨーロッパを中心に注目され、大きなプロジェクトが立ち上がっている発電技術です。

風力発電の一種ですが、特徴は発電施設を海洋上においていることです。
海洋上は陸上に比べて風力が大きいため、陸上での風力発電と比べて大きな電力の供給が可能であるというメリットがあります。
また、海洋上に限らず湖やフィヨルドなどに設置された風力発電も、洋上風力発電に含まれます。

信頼性の重視・・・タービンの設置される場所が簡単に行き来しづらい海洋上であるため、他の発電に比べて信頼性が必要になる。
発電施設へのアクセス手段としては船やヘリコプターが使われる。
また専門管理チームの組織や、管理チーム用の居住スペースなどの用意が必要になる。

周囲への影響・・・陸上での風力発電と比べて景観への影響が少ない。
また住宅外などから離れているため騒音などの公害もない。

カテゴリー: 環境エネルギー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。