バイオマス発電の長所と短所

バイオマスを利用した発電は、乾溜ガス化発電方式によって電気をつくることができます。
バイオマスとは有機物で構成された動植物のことです。

これらは石油などと同様燃料として利用できるだけでなく、二酸化炭素排出量が結果的にゼロにできるのも長所の一つです。
またバイオマスは発電に限らず熱を作ることもできます。
発電した後に出る熱(排熱)は、暖房や温水に活用できます。

バイオマスエネルギーとしては、木質燃料、バイオ燃料、バイオガスなどがあります。

短所としては、資源が地域に広く分散しているため、収集や運搬管理などのコストがかかります。
このためいかに効率よくバイオマスエネルギーをたくさん集めるかかが重要となります。
また、種類によっては低カロリーであることも難点です。
生ゴミなど水分を多く含むものを燃料とする場合は、乾燥に必要なエネルギーと取り出せるエネルギー量がつりあうかも考慮しなければなりません。

カテゴリー: 環境エネルギー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。