太陽光発電には断熱効果も期待できる?

太陽光発電といえば、電気代の節約になるとか省エネで環境にやさしい、というイメージが強いですね。
しかし太陽光発電には断熱効果も期待できることはご存知でしょうか。
冬にあたたかく夏涼しいのは誰もが求める快適な住宅環境だと思います。

太陽光発電の代表例としては、一般家庭などにも利用されている屋根に設置するタイプのソーラーパネル(屋根置きタイプ)があります。

太陽光発電用のシステムを設置することによって、太陽光パネルが持つ断熱効果が期待できます。
簡単に言うと屋根が二枚になるで、断熱性がアップするということです。
屋根に設置したソーラーパネルが断熱材のような働きをしてくれるということですね。
中には屋根材と一体型のソーラーパネルもあります。

冷暖房の効果をより効率よくするには、断熱性が重要とされています。
この太陽光パネルによる断熱効果は特別大きなものではありませんが、室内の温度変化が減少するため冷暖房費の節約につながります。

カテゴリー: 環境エネルギー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。