排出権取引とカーボンオフセットの違いとは

カーボンオフセット(carbon offset)とは、人の経済活動や生活によって排出される二酸化炭素などを相殺(オフセット)しようという考え方、活動のことです。

人は個人、企業、イベント、交通機関などによって二酸化炭素を排出しています。
この二酸化炭素を植林やクリーンエネルギー事業などを通して吸収し、結果的に地球環境をニュートラルな状態に戻すのがカーボンオフセットです。
こうすることによって、排出された二酸化炭素を実質的にゼロにリセットすることができるのです。
カーボンオフセットは企業はもちろん個人にも求められる考え方です。
日本ではイベントやオフセット製品などを通して実施されています。

一方排出権取引とは、国家や企業ごとに二酸化炭素などの排出量を削減するための経済的手法を指します。
あらかじめ決められた排出枠をもとに、排出枠が余った場合は他の国や企業と売買(トレード)ができます。
これによって地球全体の温室効果ガスの排出量をコントロールできます。

カテゴリー: 環境エネルギー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。