電話をかけるときに雑音がします。盗聴されているのかと心配なのですが。。。

電話に盗聴器がつけられていると、雑音がする。。。というのは、かなり昔の話のようで、最近は、盗聴器が原因で雑音が出る事は少ないようです。
雑音がしていた頃の盗聴器は、電話線の上に並列で接続される仕様だったため、電圧が電話線と盗聴器とに分散して下がり、雑音が起こっていたのです。

最近の盗聴器は、直列接続仕様になっていて、こうした電圧分散は起きないため、盗聴器が原因で雑音が出るということはなくなったようです。
逆に言えば、雑音が無くても、盗聴器がつけられている可能性があるということなのです。

最近の電話盗聴器の特徴は、通話状態にしないと電波が出ない、電話機から電話局までの間のどの部分にでも取り付けることが可能、発信機には電源が不要でアンテナやマイクが無いことです。

また、取り付けられる可能性のある場所は、電柱や保安器やジャック・コネクタや端末機器など、回線の接続部分などで、偽装品型盗聴器などを使用すると、外から見ただけではまったくわからない、というものも多くあります。

盗聴が心配な方は、専門業者に捜査を依頼されるほうがいいでしょう。

カテゴリー: 犯罪などの対策   パーマリンク

コメントは受け付けていません。