ピッキングできない鍵に取り替えたいのですが、大変ですか?

ピッキングの被害から自宅を守るためには、やはり、ピッキングしにくい鍵に取り替えることが最大の防御となるようです。
最近では、現在の鍵をピッキングできない鍵にするのも、大きな工事なく、鍵のシリンダー(まるい筒の部分)を取り替えるだけでできるようになってきたので、安価であり、おすすめです。

ピッキングできない鍵も多くの種類があります。
海外製も多く輸入されています。
スイス・イスラエル・オーストリア製は非常に複雑なシリンダー構造で、ピッキング・破壊のどちらにも対応しています。

また、国内製品でも、特許登録しているものなどもあり、最初から合鍵が5本着いていて、更なる複製は非常に困難、という製品も見られます。

ドアに鍵を二つつけているから安心、などとタカを括っていてはいけません。
安全性の低い鍵が二つあっても、防犯人はならないからです。
ご自宅の鍵の形状を良く調べて、鍵のうちの一つは、必ずピッキングに強い仕様のものに変えておきましょう。

カテゴリー: 犯罪などの対策   パーマリンク

コメントは受け付けていません。