風力の発電における健康被害とは?

環境にやさしい発電方法として注目されている風力発電ですが、実は課題や問題点が多いのです。
問題点の一つとして、周辺環境への悪影響の可能性があります。
このため風力発電の施設や風車の設置場所は慎重に選ぶ必要があります。

悪影響の一つとして、まずは周辺の住民への健康被害が挙げられます。
発電機である風車(羽の回転、モーター)が回るときに発生する風切り音、低周波騒音によって風車病と呼ばれる症状が出ることがあります。
周波数の低い騒音で、これを受けた人は不眠、頭痛、めまいなどを引き起こされます。
低周波騒音に関しては感覚には個人差があり、影響のない人もいれば過敏な人もいます。
あまり知られていませんが、実際に各地で健康被害が報告されており、問題となっています。

これらの問題から、周囲への影響を十分に考慮した上で設置場所を選び計画を立てることが重要な課題となっています。
他の影響としてはバーズストライキング(風車の羽によって野鳥が死ぬ)、施設の建設による森林破壊などが挙げられます。

また、風を電気に変えるということは、その地域の風が弱まることを意味しますので、自然環境になんらかの影響がでると警鐘を鳴らす科学者もいます。

カテゴリー: 環境エネルギー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。