一度、空き巣に入られたら、また狙われます。

もしも、空き巣に入られたら、どうしよう。
という心配は、常にしていたほうがいいようです。
最近では、手口も巧妙になってきて、被害の発見を遅らせるために、玄関から侵入し、玄関から鍵をかけて出て行く、というような犯人もいるようです。

できる限りの防犯をしておきましょう。
まず、空き巣は、入る家の候補をあげ、その家の状況を念入りに調べるのだそうです。
ですから、この「候補」にならないことが大切です。

そのためには、外から見える防犯装置を備え付けていることです。
ビデオカメラやセンサーライト、カメラつきドアフォンや警備会社との契約シールなどを目に付くところに設置しましょう。
また、犬を飼うことも効果的ですし、番犬がいることを示すシールや張り紙も効果があるといいます。

泥棒は、一度入って成功すると、また同じ家を狙うことが多い、と言います。
それは、その家の状況や間取り、勝手がわかっているからなのです。
もしも、空き巣に入られたら、これまで以上に防犯対策を念入りにして、2度目の侵入は何としても、防がなくてはいけません。

カテゴリー: 犯罪などの対策   パーマリンク

コメントは受け付けていません。