ストーカーの待ち伏せ行為は法律で規制されています。

ストーカーの行為の一つに、つきまとい・待ち伏せ・押しかけ、があります。
これは、ストーカー規正法でも、規制の対象となっている行為です。

具体的な例として、
・ あなたを尾行したり、付きまとったりする行為
・ あなたの行動先で待ち伏せする行為
・ あなたの歩行道路に立ちふさがる行為
・ あなたの自宅や職場などの付近で見張っている行為
・ あなたの自宅や職場に押しかける行為
が、規制されています。

こうした行為を受けている場合は、すぐに警察に相談するようにして下さい。

また、防犯ブザーを携帯したり、110番に電話できるよう携帯電話を携帯したり、自分の行動範囲内のどこに公衆電話があるかを確認しておくほうが良いでしょう。
なるべく一人歩きをしないようにして、狭く暗い道は通らないようにしましょう。
一人歩きになりそうなときは、ご家族に迎えに来てもらったり、タクシーに乗るなどの防犯をして下さい。

もしも、身の危険を感じるような事があれば、ためらわずに、民家やコンビニ、交番などに助けを求めましょう。

カテゴリー: 犯罪などの対策   パーマリンク

コメントは受け付けていません。